ブログで発信する際に決めておきたいこと

WordPressを使い、ブログで情報発信をしようとすると大抵の人がパーマリンクのところで一旦つまずくと思います。

パーマリンクというのは、下記URLのようなドメイン名の後ろにくるページ名のことです。

https://×××.com/パーマリンク/

ここのパーマリンクは自分で自由に決めることができますが、まず最初にどのような形式にするかを決める必要があります。

上記の「基本」にすると、数字の部分が凄いことになってしまいますし、「日付と投稿名」にすると場合によっては古い情報だと思われてしまうなど色々とあるので、最近では「投稿名」にするのが一般的となっています。

そして、パーマリンク設定で「投稿名」にしたあと、いざブログを書こうとするとここでまた一つの問題にぶつかります。

それは、パーマリンクを日本語にするか英語にするかです。

通常はブログを書くにあたってタイトルを打ち込むと、そのタイトルがそのままパーマリンクとして自動的に設定されるようになっています。

そして、上の画像の状態のまま投稿すると、この記事のURLは

https://core-bizinfo.com/パーマリンクは日本語と英語、どちらが良いのか/

となるわけですね。

このようにパーマリンクの部分を日本語にしておくと、訪問者にとっては記事内容が推測できて助かることがあるのですが、この記事を例えば他の人に紹介するとパーマリンクの日本語部分が文字化けして長い記号の羅列になることが多々あり、スマートではありません。

そのため、文字化けを防ぐためには毎回この部分を記事内容に沿った英単語に書き換える必要があります。

上記の例で言うなら

https://core-bizinfo.com/permanent-link/

でしょうか。

以前は、SEOの観点から見て、パーマリンクのところが日本語になっていると検索結果で有利に働くといったことがありました。

例えば

https://core-bizinfo.com/インフルエンサー/

としておくと、「インフルエンサー」というキーワードで検索されたときに文字が一致するということで優遇されていたわけです。

しかし、今はそのようなことはなくなり、influencerでも問題はなくなりました。

この「influencer」という英単語があれば、Googleのほうで「この記事にはインフルエンサーについて書いてある」と判断してくれるためです。

 

また、検索ワードとパーマリンクの文字が一致していると

https://core-bizinfo.com/インフルエンサー/

のように強調されることがあり、これによって検索結果で優遇されてるような気もしてしまいますが、昔に比べて日本語URLが上位表示される割合は大きく落ち込んでいて、むしろ英単語のほうが上位表示されてる割合が圧倒的に多いぐらいです。

Twitterなどで記事を紹介するときも文字化けを起こしていると、URLだけで文字数をたくさん使ってしまうことになるので上手く紹介できないこともあります。

これからブログを始めるという方で、パーマリンクの部分でつまずいたときは、設定を「投稿名」にしたうえでパーマリンクは毎回英単語に書き換えた方が良いかもしれませんね。