キーワードを詰め込み過ぎると逆効果

ブログを運営するとき、あるキーワードで検索順位のトップを狙おうと考えることは重要なことですよね。

そして、SEOを意識してブログタイトルや記事全て、カテゴリーなど至るところにそのキーワードを散りばめる方も多数いると思います。

確かに、特定の分野に関する専門性をアピールするには有効な手段かもしれませんが、Googleからはスパムと判断されてしまう可能性があることにも注意しましょう。

ひと昔前は、確かにこの「キーワード詰め込み法」が有効でした。

実際に私もブログタイトルやカテゴリー名、記事タイトルや記事本文に特定のキーワードをたくさん詰め込んで上位表示に成功していた時期もありました。

今でもそれで上位表示されてるブログもありますが、もしコンテンツ量も質も問題ないのに全然上位表示されないという場合は思い切ってそのキーワードを減らしてみることをお勧めします。

 

ここで一つ例を挙げてみましょう。

アクアリウムについてブログ配信している「HAG」さんという方がいるとします。

ブログ名は「HAGのアクアリウム研究所」。

この場合、「HAGのアクアリウム研究所」というキーワードで検索すれば、ほぼ間違いなく検索結果の1位にこのブログがヒットするはずです。

しかし、カテゴリー名や記事タイトル、記事本文に「アクアリウム」というキーワードを使いすぎるとSEOを意識し過ぎたスパムと判断されてしまい、「アクアリウム」というワードの入ったものは全て圏外、もしくは検索結果で大きく順位を下げられてしまう可能性があるのです。

すなわち「HAGのアクアリウム研究所」というブログタイトルも「アクアリウム」が入っているため1位から大きく順位を下げられてしまうことになります。

インフルエンサーとして配信している方は勿論のこと、上位表示を狙ってるかたでこのような現象が見られた場合はキーワードの出現回数を減らしてみて下さい。

キーワードの詰め込み過ぎが原因の場合はこの方法によって順位が次第に回復してくるはずです。

 

確かに、くどくなるぐらいにキーワードがサイトの至るところに散りばめられていたら、それを閲覧するほうとしては気持ちの良いものではありませんよね。

Googleは常にユーザーにとって満足できるサイトを上位に表示させようとします。

見ていて不快になるようなサイトはたとえ上位表示されたとしてもユーザーを獲得することが難しくなると思うので、キーワードは適度に使用していくことが望ましいと思います。