インフルエンサーとして発信する自信が持てないとき

インフルエンサーになりたいと思う方はたくさんいると思います。

たくさんのフォロワーを抱えることによって、情報発信だけで生活することができるようになりますもんね。

しかし「インフルエンサーにはなりたいけれど、たいした知識も持ってないのに情報発信なんてしていいのだろうか?」と悩んだ経験がある人もいるのではないでしょうか?

インフルエンサーとして発信するからには、自分の発信する分野についてプロ並みの知識がなければいけないと思い込み、尻込みしてしまうんですよね。

これが原因で、やればなれるはずだったインフルエンサーを諦めてしまう方がいます。

 


プロ並みの知識は必要ない

インフルエンサーになるにあたって、発信分野についての専門知識は特に必要ありません。

勿論、知識があるに越したことはありませんが、特になくても発信分野について好きであれば良いのです。

 

ここで一つ例を挙げたいと思います。

Youtubeで、あなたがチャンネル登録しているかた達を見てみて下さい。

そのかた達の中で、その道のプロだと思われる方は何%ぐらいいますか?

仕事などで得た知識を元にして配信しているのであればプロですが、趣味を配信しているのであればプロではありません。

そうやって見てみると、たいていが素人の趣味配信ではありませんか?

そして、その人の趣味配信をたくさんの人がチャンネル登録しているわけですね。

すなわち、自分と同じ趣味を持つ仲間であれば、相手がプロであろうと素人であろうとあまり関係ないんですよね。

専門的な知識を得たいときはプロをフォローするでしょうし、同じ素人仲間が欲しければ同じレベルの人をフォローします。

 

例えば、知識レベルが10段階あるとして、レベル1が素人、レベル10がプロとします。

もしあなたの知識レベルが5であれば、レベル1~5までのフォロワーが主に集まるでしょう。

そして、SNSなどで配信を繰り返し、仲間から仕入れた情報によってさらに知識を深めていけば自身のレベルは6、7へと上がっていきます。

そうなれば今度はレベル1~7までのフォロワーが集まってくるわけですね。

最初はインフルエンサーというより仲間集めのようなかたちからスタートするかもしれませんが、発信を繰り返していくにつれてレベルも上がり、次第にインフルエンサーとして発信できるようになってくるでしょう。

自分の発信内容に自信が持てないときは、最初からインフルエンサーになろうとは意識せずに仲間集めを目的として発信していくと良いかもしれません。