ブログの運営では必ずやっておきたい画像のファイルサイズ変更

ブログを運営していると画像を多用することが多いと思いますが、みなさんはブログに画像を載せるとき、画像のファイルサイズを変更したりしていますか?

画像に対しての知識が全然ない方だと、撮った写真をそのままブログに載せるといったことをしてしまうと思いますが、これには大きなデメリットがあります。

まずWordPressでブログを運営している場合、画像をそのままブログにアップロードしてしまうとレンタルサーバーでの契約容量にすぐに達してしまう可能性があります。

最近は高解像度の画像も多く、画像1枚で10メガ近くあるものもありますからね。

記事数が少ないのに容量はパンパンといったことになりかねません。

当ブログでは毎回4メガぐらいの画像を30キロバイト程度にまでサイズダウンしてからアップロードするようにしています。

だいたい1/100までサイズダウンさせてることになりますね。

 

次に、画像のファイルサイズが大きいとページの表示速度が遅くなる原因になります。

最近は格安スマホなどを使ってる方も多く、通信速度が遅い状態でページを閲覧する方も多くなってきています。

このようなユーザーが訪問してくれた際にページが重くてなかなか開くことができないとなった場合、当然のことながら離脱されてしまいますよね。

せっかくの訪問者を逃す原因になってしまうのです。

 


画像の拡張子を確認しよう

画像のファイルサイズが大きくなってしまう原因としては

  • 解像度が必要以上に高い
  • 拡張子がPNGになっている

が考えられます。

PNGの場合は画質の劣化がないものの、そのぶんファイルサイズが大きくなってしまうのでJPEGに変換する必要があります。

特に最近のスマホでは、撮った画像が全てPNGになってることが多いです。

手間かもしれませんが、解像度はどんなに大きくても1000×1000以下にし、ファイル形式はJPEGに変換したうえで画質をある程度キープできるところまでサイズダウンするのが良いでしょう。

目標としては1ファイルあたり30キロバイト未満です。

この方法によって、サイト評価のほうでも表示スピードや画像サイズの面で高得点を取ることができているため、ブログ管理者には是非とも実践してほしいところです。